妊娠しにくい生活習慣特集@今すぐ改善できる!

妊活してもなかなか赤ちゃんができないご夫婦は、妊娠しにくい生活習慣になっているかもしれません。不妊を疑う前に生活習慣の見直しをしてみませんか?

妊娠しにくい生活習慣になっていませんか?

赤ちゃんとママ

なかなか妊娠できないとお悩みのあなた。

ひょっとして夫が妻のどちらかが不妊症かもしれないと思っていませんか?

確かに避妊をせずにセックスをしているのに、なかなか妊娠できない場合は男女どちらかに不妊症の可能性も考えられます。

しかし不妊症を疑う前に確認しておきたいことがいくつかあります。

中でも普段の生活習慣が妊娠しにくい状況になっていないかを確認することが大切です。

本来ならば妊娠する機能に問題がない場合でも、間違った生活習慣で日々を過ごすことで妊娠できる確率を自ら下げてしまっている可能性があるのです。


例えば、旦那さんの方でいうとサウナや長風呂が好きだったり、タバコを吸ったりセックスの回数が少なかったりすることはありませんか?

また奥さんは冷え性のまま過ごしていたり、急に体重が増えたり肥満の状態が長く続いていたりしませんか。

それらは、健康な精子を作り出すことを阻害したり、ホルモンのバランスを悪くしたりする可能性がある行為です。

男女ともに妊娠をしやすい生活習慣というのがあります。

それらを意識して妊活を行うだけでも、妊娠する確率が格段に上がる場合があります。

妊娠できないからと不妊症の可能性を疑う前に、まずは自分の生活習慣が妊娠しやすい状態になってるかどうかを確認してみましょう。

当サイトでは、妊娠しにくい生活習慣と妊娠しやすい生活習慣を紹介しています。

夫や妻の生活習慣が妊娠しやすい状態になっているかどうかをチェックして見てください。

産婦人科に行って不妊治療の相談をするのは、それらのチェックが終わってからでも遅くはありません。


 

温活で妊活

温活する女性

最近は「妊活」を公言している芸能人カップルも珍しくありません。

妊活はずいぶんと身近になりました。

妊活というと高額な不妊治療やサプリメントが必要なイメージが強いですよね。

ですが、妊活を始める前にぜひやっておきたいことがあります、それが「温活」です。


「温活」とはその名の通り体を温めるということです。

体を冷やすことは女性の大敵。

体が冷えると女性ならではのトラブルに繋がってしまいます。

例えば生理不順や生理前症候群も体の冷えが原因の一つとなっていることが多いです。

特に生理前症候群は不妊とも関係が深く、スムーズな妊活生活を送る上では解決するべき問題なのです。

生理前症候群とは日常生活に支障をきたす程、生理前に体調を崩すことで腹痛や吐き気、イライラしたり不眠が続くなど症状は人それぞれ。

どれもホルモンバランスの乱れが原因となっています。
 

ホルモンバランスは思っている以上に大切!

ホルモンバランスが乱れれば、排卵機能などにも支障をきたし、不妊にもつながるということなのです。

そして生理前症候群への対策が温活。

体を温めて、ホルモンバランスを整えましょう。


例えば、しっかりと入浴することも温活のひとつ。

シャワーは体の表面温度だけが上がるため、芯から温まることができません。

つい簡単にシャワーで済ませてしまいがちですが、湯船にお湯をはり入浴することがポイントなのです。

他にも、腰やお腹を日常的に温めておくことも大切ですね。

寝る前に腹巻を巻くこともおすすめの温活。

温めることを習慣化して、ホルモンバランスも整えていきましょう。

妊活には妊娠しやすい体づくりが欠かせません。

土台となるホルモンバランスをしっかり整えることは欠かせませんね。

 

妊娠するにはまず、まず睡眠!

熟睡する女性

妊娠は簡単に出来るものではありません。

色々な条件が全部整って初めて妊娠が成立するので「これをすれば必ず妊娠する!」というものはありません。

ですが、身体を妊娠しやすいコンディションに整えておいた方が、確実に妊娠できる率はアップします。

それは、しっかりと睡眠をとって日ごろの疲れを取ることです。

睡眠不足の状態ですと身体の自律神経の働きも悪いので、妊娠を促す女性ホルモンの働きが弱くなります。
 

女性ホルモンを正常に分泌!

妊娠しやすい身体を作るには女性ホルモンは不可欠です。

女性ホルモンがたくさん分泌されると卵胞もスムーズに発達し、より質の良い卵子が育成され妊娠する力が強くなります。

そして女性ホルモンは、深い眠りの時のノンレム睡眠の際にたくさん分泌されます。

睡眠不足の状態ですとノンレム睡眠があまり取れず、ホルモンが分泌される機会がありません。

ですので、妊活中の女性は、疲れたと感じたら早めに寝てください。

疲れを残したままだとストレスもたまりやすくなるし、良いことはありません。

まずは日ごろの疲れをしっかり取って身体をスッキリさせ、女性ホルモンをたくさん分泌させることが妊娠への第一歩だと思います。

それと一緒に葉酸サプリメントも飲んでいます。

妊娠に気付く前の妊娠初期に葉酸は不足しがちになるそうです。

そうすると赤ちゃんに悪い影響を与えることもあるので、健康なBabyを産むために「備えあれば憂いなし」です。

ちなみに葉酸サプリについては、こちらのサイト「葉酸サプリメント特集.com」を参考にしました。

葉酸サプリは種類も多いので、どれにするか迷っちゃいます。

値段や成分をしっかりと比較して、商品選びをして下さいね。